坂本龍馬の名言の書【Words of a Japanese great samurai】

公開日: : 最終更新日:2017/03/30 幕末志士の言葉

言霊書道の更新をお知らせします!友達になりましょう♪
友だち追加

世の中の 人はなんとも 云わば云へ わがなすことは われのみぞ 知る 坂本龍馬

世の中の

(There is Google English translation.I have introduced  work of another color in the lower)サイト下で、白黒反転バージョンをご紹介しています

坂本龍馬とはどんな人物か?

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保61115日(183613日) 慶応31115日(18671210))は、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。

諱は直陰(なおかげ)、のちに直柔(なおなり)。通称は龍馬[1]。 他に才谷 梅太郎(さいたに うめたろう、さいだに うめたろう)などの変名がある (手紙と変名の項を参照)。

土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えた。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。1891年(明治24年)48日、正四位を追贈される。(ウィキペディアより抜粋)

解説

本当に世の中を変えようというトップランナーは、自分が革新的にやろうとしていることを誰も真にわかってくれるとは思ってもいないだろう。仕方がないことだ。だからなお先駆的になってしまう。ここで旧守派は、そのために自分たちの存在基盤が否定されるものだから、先駆者を排除しようとする。そういう時の流れに逆らう画策が、龍馬暗殺の悲劇を生んだ。それもまた宿命と、龍馬は当然わかっていたろう。抵抗や障壁あろうとも、ここは「一刀は万刀に化し、万刀は一刀に帰す」という北辰一刀流の極意で突き進んだのが、龍馬の生きる道だったに違いない。若者はそもそも革新的に生きる存在。本当の革新とは、龍馬のように生きること。抵抗や障壁を恐れたら、そこからもう若者ではなくなる。(北原照久 珠玉の日本語、辞世の句より抜粋)

白黒反転の書

世の中のa

Works on this site can be printed on postcards and more. You can display them at an office, store, home, or send them as a printed postcard.

If you are moved by any of my pieces, please feel free to share it!

ご自由にダウンロード、保存し、観賞をお楽しみください。

オフィス、トイレ、ご自宅、飲食店などで飾るように、印刷してもらっても構いません。

ポストカードサイズなどに印刷して、友人、お客様などに贈ってもらうことも可能です

※作品を加工しての販売はご遠慮ください。

書に力を感じたら、シェアしいてもらえると嬉しいです!!

みなさんのシェアが、言霊書道を必要な人の元に届ける!!かも??

関連記事

坂本龍馬の名言

言霊書道の更新をお知らせします!友達になりましょう♪ 坂本龍馬の名言 There i

記事を読む

至誠にして動かざるは未だこれ有らざるなり 吉田松陰の名言

言霊書道の更新をお知らせします!友達になりましょう♪ (There is Google Eng

記事を読む

おもしろき こともなき世を おもしろく【Words of a Japanese great samurai】

言霊書道の更新をお知らせします!友達になりましょう♪ 高杉晋作がどのようなことを成し遂

記事を読む

かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂(吉田松陰)の書

言霊書道の更新をお知らせします!友達になりましょう♪ かくすれば かくなるものと しりながら 

記事を読む

敬天愛人【西郷隆盛 Words of a Japanese great samurai】の名言の書

言霊書道の更新をお知らせします!友達になりましょう♪ (There is Goog

記事を読む

大河ドラマ【花燃ゆ】で伊勢谷友介演じる吉田松陰先生の言葉

言霊書道の更新をお知らせします!友達になりましょう♪ 志を立てるためには 人と異なることを 恐

記事を読む

  • 1位 敬天愛人

    サムネイル

    2位 おもしろきこともなき世をおもしろく

    おもしろき サムネイル

    3位 最幸のアドバイスとは生き方を見せること

    image


PAGE TOP ↑